筑前六宿『内野宿』

筑前六宿『内野宿』: 旧長崎街道の宿場町『内野宿』の成り立ちと歴史をご紹介しています

詳しく見る

長崎街道

長崎街道: 正式には「長崎路」別名「砂糖の道」や「シュガーロード」とも言われています

詳しく見る

名所・旧跡

『内野宿』の名所案内: 内野宿に寄ったら見ていただきたい名所や旧跡を写真でご案内します

詳しく見る

名産品

『内野宿』名産品: 竹の子や里芋、葛など土に関する有名な産品が多い内野宿

詳しく見る

内野宿談義 第1回講演会『神功皇后のたどったみち』

内野宿談義 第1回講演会
テーマ
神功皇后のたどったみち (原田青夜氏)

時間 :14:00~17:00
場所 :内野宿展示館
参加費:無料

  開場14:00
    14:30~ 講演 原田青夜氏 
    16:00~17:00 歴史談義(ディスカッション)
   (原田青夜氏、竹川克幸氏(麻生西日本新聞TNC文化
    サークル事務局長、日本経済大学講師))
長崎街道の宿場として語られる内野でありますが、
北部九州に残る歴史、神功皇后の伝説と足跡をたどりながら
内野宿周辺や筑豊の歴史を
『日本の歴史の夜明け』
『邪馬台国日出づる国の本当の話』
(原田青夜著、いずれも梓書院)など

著書もあり、古代の歴史にお詳しい原田青夜氏が紐解いていきます。
講演後は、歴史的なテーマを踏まえて講演者と歴史学者を交え
歴史を語りましょう。

※また当日には、シーボルトが長崎街道を通り江戸参府で感
じた事を作曲したものをピアノ演奏していただきます。
ピアノ演奏 森部あおい(春日ふれあい文化サークル講師)


原田青夜のプロフィール

本名:原田利一郎「千鳥屋本家」会長。
昭和21年11月23日福岡県飯塚市に生まれる。
昭和44年日本大学法学部政経学科卒業。本業の傍ら
考古学研究に努め、各地の史蹟に自ら足を運ぶ。

お問合せ:内野展示館TEL0948-72-5581

jingu

~うちの桃の節句予告3~

momo

うちの桃の節句
2013年2月23日(土)~3月3日(日)

・3月2、3日 雛人形づくり9時~16時
         (有料 お土産付き)
・3月3日   流し雛14時~
・ひな人形展示・生け花展示・郷土料理

今年の内野宿の桃の節句は“流し雛”を行います。自分でつくった
ひな人形は、元来の災厄払いの意味で流しても、お持ち帰り頂いても結構です。
春の花も咲き始め、生け花展示も行います。春の香り漂う内野宿ヘどうぞお越し下さい!

~うちの桃の節句予告2~

utino_hina
ご無沙汰しておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
今年も内野宿らしい催しを行っていきますので
どうぞよろしくお願い致します。
さて2月23日~3月3日の“うちの桃の節句”も
近づいてまいりました。
流し雛(ながしびな)をご存知でしょうか?
桃の節句と言えば、今では女の子が生まれたら無事大きく育つことを願い、
小さな人形を飾るお祭りとなりましたが、
今でも各地に流し雛の風習が残ってます。
その流し雛は、雛祭りのおおもととなった行事です。
人の形をした紙の人形(かたしろ)で体を撫でて、
それを川に流すことで穢れを祓い、災厄祓いを願いました。
この流し雛を内野宿で準備中です。
皆さんが参加できる楽しい行事になる予定です。
詳細は2月5日発表!ご期待下さい!

~うちの桃の節句予告~

ume0032-049a
2012年の“うちの秋の収穫祭”も無事終了いたしました。
今年はちょうど大銀杏が見頃でしたが、お楽しみいただけましたでしょうか。お越し下さった皆さま、どうもありがとうございました。

さて、2013年の春は、2月23日~3月3日の期間に
音楽と食とともに江戸時代の桃の節句の雰囲気を味わえるイベントを企画中です。
また期間中、各展示会場にて生け花の展示を行っていただける方を募集しております。詳細は内野展示館(TEL0948-72-5581)までご連絡下さい。皆様のご参加お待ちしております!

和装と日本酒の会~

nihonsyu

うちの収穫祭 2012年11月23日のイベント
和装と日本酒の会

夕刻に琴古流 尺八演奏を聴きながら
大里酒造の日本酒と日本酒に合う料理を楽しみませんか?
ゲストに日本酒コーディネーターの松本 久加子さんを迎えます。
場所は江戸時代には旧脇本陣であった内野宿、長崎屋。
JR筑豊本線「筑前内野駅」から徒歩約5分

17:00~19:00 限定30名様

参加費 2500円(和装の方 2000円)

・内野の郷土料理しろおこわと日本酒に合う軽食をご準備しております。

内野宿はちょうど“秋の収穫祭”の真っ最中。
この日は和装のイベントが行われております。


内野宿は「酒は飲め飲め、飲むならば、日の本一のこの槍を、飲み取るほどに飲むならば、これぞまことの黒田武士」の母里太兵衛友信(もりたへいとものぶ)が黒田長政の命で代官として内野宿建設にあたっていた地。

その内野宿にゆかりのある、日本酒“黒田武士”の大里酒造のお酒を飲みながら、ゆったりと内野歴史を感じながら過ごしてみませんか?

日本酒コーディネーターの松本 久加子さんにお話をしていただき、夕刻には琴古流 尺八演奏もあります。

より雰囲気を楽しむために、ぜひ和装でお越し下さい。

※※お帰りは、新飯塚駅行きのバスを準備しております。 

19:30発 内野宿~新飯塚駅行


お問合わせ
内野地区活性化推進会議
福岡県飯塚市内野3313
電話 0948-72-5581

内野宿~桂川駅間シャトルバス

秋の収穫祭期間中
内野宿~桂川駅間シャトルバスを運行します。
期間:2012年11月23~25日

bus

↑↑クリックするとPDFファイルでプリントアウトできます。

さらに記事を読む...

2 / 3 ページ

2
内野宿タイトル
現在
 ゲスト 30 人
 がオンラインです